読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

スメルハラスメント

今日のニュースから 雑記

『ミドル脂臭』という言葉を初めて聞いた。

話題は昨晩(2016/8/30)のテレビ東京、

ワールドビジネスサテライト(WBS)。

録画してでも観る数少ないTV番組で、

前夜のものをスマホに転送して、

往路通勤電車でつり革につかまりながら観る。

 

それで、表題のようなタイトルの特集だった

ので、時間を忘れそうなほど内容にハマった。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

今は徹底して「無臭」にコダワリを見せる。

いや、確かにニオイは気になる。

というか最近の日本人、臭いヒトが多くなった。

(個人的感想。しかも自分を棚上げ)

 

クサいヒトが近くに来るととにかくゲンナリする。

 

つい先日、USJに家族で毎年行っているショーを

観に行った時も、右斜め後ろから強烈なニオイが

漂ってきて、満席だし逃げ場ないし、向かい風で

時々消え去ってはくれるが、基本、ニオイの元は

ずっとそこに存在しているので、

もう「感動」どころではない。

 

3Dの視覚効果、熱い火炎の演出、水しぶき、

爆音、五感に訴えかけ、感動を呼ぶショーが

おぞましい嗅覚のお蔭ですべてが…

 

これぞスメルハラスメント。

 

…という話題ではない。今回書きたいのは。

 

いや、よく似た話で、実際毎日長時間を過ごす

職場で、そんな状況が日常になってしまったら…

ということ。

 

順番に行こう。

 

まず冒頭の『ミドル脂臭』。

 

10~20代の体臭の主なものは汗臭さ。

50代より上のそれは加齢臭。

 

で、その中間の30代、40代はというと

まさにその中間で、汗臭さが残りつつも

加齢臭がそろそろ強くなり始めるという、

もっとも複雑で独特のニオイとなる。

男性化粧品メーカー、マンダムが発見、

「ミドル脂臭」と名付けたとのこと。

これを抑制する効果のある商品が今や

売れているらしい。。(チェック要だ)

 

それこそ、その年代が主力となって

汗水たらして働いている職場だからこそ…

 

ところが職場仲間に「気になる」ヒトがいても

そうそう指摘できない。

全く個人的な問題だから、本人が気付くのを

待つか、ガマンするしかない。。

 

ならば会社ぐるみで対策をとろう、

というところも現れ、もはや集団で解決すべき

問題である、ということが当然の認識に

なりつつある…というのが主旨でした。

 

そしてもうひとつ。『ファブタク』

 

「ファブリーズタクシー」?

 

タクシーの車内のニオイが気になる、

という客の声を反映した、新たなサービス。

ファブリーズで「無臭」の車内。

選択肢のひとつとして、これも「当然」に

なっている。

普段あまりタクシー使わないこともあるけど

スマホでタクシー呼べる世の中になっている

ことも含めてビックリしている自分が笑える。

 

しかも、日本交通では運転手が乗務前に

2人ペアになって、互いのニオイを

嗅ぎ合っている光景…「チェックOKです!」

『最初は恥ずかしかったけど、今では当たり前』

 

いろんなことが

「当たり前」になっているんですね。

 

話を少しもどして、マンダム研究所の臭気判定士

の方がミドル脂臭研究にあたって、

いろんなニオイをセンサーを使って分離、分析を

していくのだけど、

「良い匂い」か「悪い臭い」かは、

いくらセンサーが発達したところで、結局

人が嗅がなきゃ解らない、と言っていたのが

印象的でした。

 

しかし、これだけ『無臭』『ニオイを除く』こと

に力が注がれている今だからこそ、

本来の『香りの空間』という分野が、これから

もっとクローズアップされてくるのだろうな、

と思って、書き始めたら話しがアチコチ飛びました。

 

 

実践。ギタリストのハンドトリートメント

最近はガツガツ練習をしているわけでもなく、

毎回、訛った手指、腕を思い出させるような

ルーチン(メトロノーム使った運指練習)

ばかりやっているので、今日は久しぶりに

たまに集まるバンドでの課題曲や純粋に

「今、弾きたい!」な曲ばかりを小一時間

ばかり楽しんでいました。

 

案の定、左手が乳酸の塊。

 

下手だから無理な力が入って余計疲労するし、

その下手の原因であるフォームの矯正中で

さらに変な力も加わって乳酸マシマシ。

 

ぐっと握りこぶしにすると、ぐっと痛くなる

手のひらの小指側のふくらみのあたり。

f:id:moccian:20160815184117j:plain

 

チャンス到来。

アロマテラピー、セルフトリートメントの

実証実験ができる!

 

ではさっそく実践に移りましょう。

 

用意するもの

・精油 ジュニパーとペパーミント
・キャリアオイル セサミオイル
・容器
・キッチンペーパー(ティッシュ)

 

f:id:moccian:20160815184138j:plain

 

今回選んだ精油、まずはジュニパー。

これは浄化作用の効き目。疲労物質を

排出させる効果が期待できるもの。

関節痛にも作用しますよ、と指南本には

書かれていたりします。

 

もうひとつはペパーミント。

いわずもがな、冷感あって冷湿布的にも

なり、鎮痛作用も認められている精油。

昼間は冷房はリビングしか点けないように

していて自室のある2階は扇風機のみ。

これだけ暑いと、このミントの香りだけ

でもかなり冷感あります。

 

セサミオイルを使用しているのは

今手持ちがこれしかない、というのも

あるけれども、肌のアンチエイジングに

いいのですよね。

 

これらを適当に混ぜて…

 

いえ、ちゃんと厳密に行きましょう。

 

自分に施すので少し濃度を上げます。

(アレルギーないのは分かっているので)

3%濃度目標に計算。

20mlのセサミオイルに入れる精油、

3%なら何滴まで入れられるか?

3%=0.6ml ということは12滴分。


ジュニパー6滴、ペパーミント6滴を投下。

この時点ではペパーミントの香りが大勝利。

ジュニパーの香りなんて

巨人の星の姉さんみたいにもの影に隠れて

こっち見てる、みたいな^^。

 

出来上がった「トリートメントオイル」を

早速左腕に擦り込んで行きます。

参考はこの本。

 

moccian.hatenablog.jp

 

手順に従って、手のひらから手首、

腕に至り、上腕へ、右手親指を駆使しつつ

左腕全体をトリートメント。

 

とくに気持ちいいのは、

親指で三本のラインを手首からひじに

向かって描く、というもの。

これは結構時間かけて何度もやってました。

 

本にある一通りを終えたら、

揉むと気持ちいい場所など、

やりたいようにやってました。

 

f:id:moccian:20160815184202j:plain

 

肘のこのあたりが抑えると痛い

ここをほぐすと連動して、手のひら側も

痛みが軽減するようです。


精油が余ったので右腕も同じように

やっているうちに左手のまた別の痛い部分が

わかってきたのでもう一度ほぐす。

 

それでも精油は余ってる…

 

足もついでにやってみると

全身ミントの香りで涼感ハンパない^^^

 

そこまでやると、やっと捨ててもいいくらい

までの量にまでオイルが減ったのでそこで終了。

 

次やるときはもっと少量でもいいかも。

 

トリートメント後の施術部分も手も

オイルまみれで、ティッシュだと

結構な量を使用する上、使用後の姿が

なんだかえエロイ^^

そういえば以前、生活の木さんで体験させて

もらった時使ってたのはキッチンペーパー

だったような。次回はそうすることにしよう。

 

また、廃油をしみこませたティッシュなどは

ゴミ箱にそのまま突っ込むだけだと

結構「香りが立って」しまって「香りが嫌いな人」

には大いに迷惑になってしまうので、

ちゃんと袋かなにかで密封して捨てましょう。

 

この組み合わせのトリートメントオイルは

かなり正解かも、でした。

まさに「クールダウン」で、時季的にもいい。

 

ギタリストを対象とする

局部トリートメントとしてどのポイントが

良いのか、というのが必ずあるはずで、

そこを中心として、「技量」の差による

ポイントの違い、というのが分かってくると

さらに本格的な、

Aromatherapy for Guitarists

になりそうな気がします。

 

ちなみに。。

 

トリートメント後の香りの遷移について

 

直後は自分でもわかるミントの香り。

30分もすると、ミントは飛んでしまって

ジュニパーの香りがむくむくと。

基本「木の香り」なので、

ホームセンターの材木コーナー、または

家具屋さんに入ったようなそんな香り。

3時間経過した今は腕を鼻の近くに

もっていかないと香らない程度まで

飛んでしまっています。

 

なので、男だからといって

臆することなく、湿布貼る気分で

トリートメントすればいい。

 

なんなら、私が出向いて行って

トリートメントして差し上げます。

 

といえるように一応セラピスト認定受けなきゃ。

 

 

ギタリストのためのアロマテラピー ~ミュージシャン専門ハンドトリートメント~

アイデア~こんなのいいな~ 雑記

ギタリストのためのアロマテラピー

~ミュージシャン専門ハンドトリートメント~


そろそろ底をつきそうな

ローズマリーとゼラニウムを求めて

いつものアロマテラピー専門のお店

「生活の木」さんへ。

 

いつもお世話になっているYさんと

AEAJの新たな専科コースの話から

「実はまだハンドトリートメントを

受けたことがなくて…」と話したところ、

 

「じゃ、今ちょっとやってみますか?」

 

とすごく気軽に仰られ、

その場で施術を頂けることに。

 

やっぱり頭の中だけ、想像だけと

「実体験」とは全っ然違う。

 

腕だけのトリートメントでも、

眠くなってしまうほど心地よくなる、

という話も聞いていて、

実際ほんの5分10分ではそこまでは

ないにせよ、

しかし明らかに筋肉がほぐれて行く。

 

逆に言えば、たったそんな短時間で、

まるで違う人のウデになったよう…

 

Yさんの「ウデ」が良い、というのが

一番大きいのだろうけど、私自身

こういう「トリートメント」だとか、

そもそも「マッサージ」的なものの

ちゃんとした体験がなかったことも

あったからか、ちょっと「感動」を

覚えたほど。


それだけトリートメントに対して

相当「アマク見ていた」という事か。

 

話を本題へ戻すのだが、

最近、ギターを「習う」機会があって、

弾く時の手のフォームを「矯正」というか、

30年近くのクセのようになっている形を

直している所で、左右で場所は少し違うが

両手の手の平の一部が慢性的に痛い。

 

f:id:moccian:20160804211626j:plain

 

その痛みが、今回のトリートメントで

全く無くなったみたい。

 

しかし翌朝にはまた筋肉痛のような

その痛みは復活してしまってたのだけど、

ちょっと感動を覚えた、というのは

一時的とはいえ「回復」したのは事実だったから。

 

こういった「実体験」として

効果を知っているのと知らないのとでは

自分自身にさえ、これだけ「説得力」に

差があるのかと思い知ることになりました。

 

ハンドトリートメント、

やっぱりしっかり勉強しないとダメだ。

 

というか、まずセルフでもできることは

やってみたくなり、この本を参考に

今月はそのあたりをマスターしようかと

思うところです。

 

moccian.hatenablog.jp

 

ここでひとつ思いついたのが、

 

「ギタリストのためのハンドトリートメント」

 

左手用

右手用

それぞれに使う筋肉がまるで違うので

摩る場所も力加減もそれぞれに

考慮する必要がある。

 

左手指の繊細な動き

右手のピック捌きからストロークまでの

手首の回転を考えた筋肉のほぐし方

それぞれに使用する精油にも変化をつける

必要があるだろう。

もちろんキャリアオイルも。

 

また、セルフでのやり方も指導出来る方がいい。

 

いや、

 

様々な『職人』のためのハンドトリートメント。

求められていそう。

 

…というか、もうあるのかな?

 

各種スポーツなら按摩・マッサージの世界に、

あるだろうことは何となく想像つくのだけど、

 

楽器演奏者をはじめとして、例えば

手腕をデリケートに使うような職人、

ピアニストだってバイオリニストだって

同じキーボードならプログラマだって肩揉むより

腕から下、揉んだほうが即効あるかも知れない。

 

少なくとも

「ギタリスト御用達のアロマテラピスト」

居てもオカシクないし、

これならオッサンでも何かお互い「抵抗なく」

出来る感じがする!

 

憧れのギタリストに逢えるかもしれない(そこか)


『職人ハンドトリートメント』専門セラピスト

って面白そう!

…と思った次第です。

 

目指してみたいな!


実体験積まないとだな。

修行と勉強と実行だ!


…さてどうやる?

今日の話題から ~アロマの香りが認知症を予防・改善する~

アイデア~こんなのいいな~ 今日のニュースから 雑記

今日の話題から…

www.jiji.com

 

鳥取大学の浦上博士の認知症対策アロマテラピー。

ディフューザがついに商品化。

 

アロマテラピーと聞くと男性なら特に

(年齢もあるだろうけど)

女性の美容、エステ、と連想する向きも多いだろう。

 

アロマテラピーがリラックスやエステのため

だけのものじゃないということの一つの事例であり、

この「芳香療法」というものが男女関係なく、

誰にとっても『身近なもの』なのだということが

わかると思う。

 

認知症の予防、あるいは改善の対策のひとつとして

「嗅覚」で刺激を与え続けることによって

認知症になりにくくなる、という理論があり、

一定の効果をあげているということが、過去に

テレビでも話題となった話。

私もアロマテラピーの世界に入った頃、

本で知りました。

 

moccian.hatenablog.jp

 

夜、ぐっすり眠れて、

昼、交感神経を刺激して活発に過ごす。

 

まさに「メリハリ」ある生活を過ごすことで

脳を活性化し、認知症リスクを少なくさせる。

 

それには

 

「目覚まし」代わりの昼用アロマ

「眠りを誘う」ための夜用アロマ

 

として使うのが本来の使い方になると思うので

やっぱりスリープタイマー(時間が来たら切れる)

だけじゃなくて

「起動」の方もタイマーで自動化できるほうが

いいに越したことはないのだけどこれには

付いていない様子…

 

そこがちょっと残念な上、価格も「いい値段」

ということもあって少し躊躇気味。。

 

でも浦上先生の理論を踏襲した商品、

これをきっかけに、再び話題を呼んで、

アロマテラピーの世界がさらに認知されていけば

いいな、と思った次第。。

 

 

なんとなれば…

 

24時間プログラムタイマーII PT25

24時間プログラムタイマーII PT25

 

 これなんか 670円らしいし…

 

www.muji.net

これ(4900円)と組み合わせて、

2セットずつ購入して、

リビングに昼用

寝室に夜用

として置く想定でいけば

15000円くらいでなんとかなるなぁ…と思いつつ。。

 

 

 

 

 

 

アロマブレンドが面白そう!

雑記

今年から新設のAEAJ、二つの専科資格。

「ハンドセラピスト」より、どちらかというと

あまり興味持てなかった「アロマブレンド」が

私の中で急に「脚光」を浴びてきました。

 

このところ梅雨からこっち、夏が盛り上がって

くるにつれて「夏のニオイ対策」的な

アロマの利用法みたいなのが、毎日のように

情報として引っかかってくる。

こんな感じで。

news.nifty.com

 

 

たぶんこれは毎年恒例のことなのだろうけど、

ちょうど去年のこの時期、アロマに惹かれだした

私にとって、夏の状況はあまりよく知らない…

 

「嗅覚に働きかけて心身の調子を整える」

 すなわち、これがアロマテラピー

 

という認識が主な私にとっては、それが

「香水」の歴史と結びついているということも

頭では知っていても、実際のところあまり

「意識」をしてきませんでした。

 

ところがここへ来て、連日話題に上るニオイの

問題、また、AEAJ会報の最新号第1特集が

まさにその香水・調香の話題。

某有名な香水も精油のブレンド次第で

近いものが作れそうなことも書いてあったり。

 

f:id:moccian:20160728223137j:plain

f:id:moccian:20160728223255j:plain

 

日本人、特に男性に至っては「香水」というと

あまり似合うものでもなく、

そもそもが現在とあっては「無臭」を至上とする文化。

 

洋服のように、誰が見ても「あ、オシャレ!」と

言われることがあっても、

こと、「香り」となると、

如何に「似合っている」と多くの人に思われても、

必ず「クサイ」という人が存在してしまう。。

 

『嗅覚』はそれほどデリケート。

 


周囲の人に迷惑をかけず、自分でも楽しめる

ような香りが欲しい…と思うようになって、

冒頭の話。

 

アロマブレンドのテキストは手元にあるし。

(※AEAJ20周年記念で会員配布されました)

 

f:id:moccian:20160728223803j:plain

 

インストラクターの復習と並行して

こっちのテキストもそろそろ手をつけようかな。

アロマテラピーが果たす役割の重要性

雑記

f:id:moccian:20160727205542j:plain


----引用----

「あんなに穏やかな妻の顔が見られるなんて、

本当にありがとうございました」

 

痛みや不安でつらそうにされていたがん末期の

30代の女性。でもトリートメントを行うと、

表情が和らいでご家族とも落ち着いて話されて

いました。そのため、「最期も穏やかに過ごさ

せたい」とのご家族の願いから、意識がなくな

られたときもトリートメントを実施。

その数時間後に息を引き取られたのですが、

ご家族からは何度も感謝の言葉を頂き、

アロマテラピーの意義深さを考えさせられました。

(兵庫県・アロマテラピスト)

 

(AEAJ機関紙「AEAJ」2016夏号 36頁)

-----------


日本アロマ環境協会(AEAJ)の会報の最新号を

読んでいます。

 

上記はアロマテラピーが導入された医療機関等

での現場の声、アロマテラピーを導入して

よかったと感じた瞬間とタイトルされた記事の一部。

 

この記事に続き、隣の頁には

「医療・介護現場におけるアロマテラピ-研究」

と題された非常に貴重な研究結果報告、

資料が掲載されています。

f:id:moccian:20160727205656j:plain


----引用----

老人保険施設入所者における

『アロマセラピー・マッサージ』の睡眠および

サーダディアンリズム障害の改善効果

-パイロット研究

 

(試験方法)

睡眠障害がある高齢者8名を対象に、週2回、

就寝前にラベンダー、ゼラニウム、カモミール

ローマン精油をホホバオイルで希釈したオイル

で、上半身や太ももなどを約30分マッサージ。

アクティグラフを用いて、施術なし、施術あり

施術なし、と1週間ごと、計3週間の睡眠障害
およびサーカディアンリズムを比較検討した。

 

(結果)

就寝時の睡眠率および睡眠効果は、第1週および

第3週に比べて『アロマセラピー・マッサージ』

を行った第2週で有意に増加。高齢者における

睡眠障害およびサーカディアンリズム障害の改善

が示唆された。
(出典:今西二郎、渡邉映理、渡邊聡子他、

日本補完代理医療学会誌7、(2),87-93,2010)

 

(AEAJ機関紙「AEAJ」2016夏号 37頁)

-----------

 

さすが専門誌。

こういった興味深く、濃いめの内容の記事で

毎号が本当に楽しみな会報『AEAJ』。

 

これってAEAJ会員にだけ配布されているんですね。

 

アロマテラピーに従事している、あるいは

もともと興味がある「会員」だからこそ、

深く知るべきということで、情報盛りだくさんで

編集されているようですが、

なんとももったいない気がしてなりません。

 

こういう分かりやすく、身近な話題、情報を

きっかけにもっと、

まだアロマの世界を知らずに居る一般の人に

『アロマテラピーの今』を知って欲しいもの。

 

AEAJのホームページにも、こう言った情報は

確かに掲載されてはいる。

http://www.aromakankyo.or.jp/

 

ところが、相当の興味を寄せている私から

しても、読みにくいというか、

この会報にあるような記事になかなか

たどり着けない。。

 

例えばこの学術研究報告にしても、本当に

「学術研究」として論文の形だったりで

はっきり言ってとっつきにくかったりする。

(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを知る | アロマの研究・調査


表に出ているのは

どちらかと言うと『検定』『資格試験』のことや

行かなければ内容がわからない『セミナー』の

案内情報が中心になってしまっている。

 

「少しでも興味を持たれたのなら、

 こんなお知らせがあるのでどうぞ」

 

そんな感じ、ですよね。

 

そもそも全く別の切り口から、

例えばアロマとは別のキーワードから入って来た

ヒトでも、思わず『奥の間』に踏み込んでしまい

そうな、入り口。

 

「あれ、なんでアロマテラピー?でも面白そう…」

 

そんな風になればいいのに、と、

めちゃ勝手ながら思っていたりします。

 

冒頭に書いたようなコンテンツはあるのだから、

この形でもっと発信すべきなんじゃないのかな。

 

TwitterやFacebookでも、『香育の日』とか、

会員だけ知っているような情報ばかりを前に

出すんじゃなくて、もっと代替医療だとか

認知症だとか、身近で切羽詰まるようなワードから

入って来てもらって、その奥の方で『香育』だとか

周辺を紹介すれば良いのでは…と。

めちゃ勝手ながら思っていたりします^^。

 

我々会員一人ひとりがその一翼をになうべき、

なのでしょうね。

 

よし、この場所でも、どんどん紹介できるようにしよう。

 

とにかく…

今読んでいるこの「AEAJ会報」が非常に有用な情報

に満ちている、ということが言いたかったのです。

なんか違う方向へ話が向いてしまいました。

 

f:id:moccian:20160727210426j:plain

 

 

 

 

 

復習!インストラクター24 試験60日前

復習!インストラクター ガンバレ受験生

試験日60日前。あと2か月となりましたね。

本試験を受けた当時の私はどんな状況だったのか、

ちょっと気になったので当時のブログを見返して

いました。

 

moccian.hatenablog.jp

 

・スケジュール感

・憶えるべきを憶える

 

今と全く同じこと、言ってますね。

まさにこれに尽きる。

 

f:id:moccian:20160726232000j:plain

その時のノート。

 

「暗記法」を使って憶えようと必死です^^。

 

実際この頃はまだ基礎固めで一生懸命だったようです。

 

この後、問題を解いては基礎に戻り、

また問題を解いては基礎に戻り、

と繰り返すことになります。

 

ところで、今の「復習」の進捗に戻って…

模擬試験2の結果は67問正解、97点。

でも「あいまい問題」を差し引くと

7割程度まで落ちてきます。。

 

ここをもう一度押さえにかかるのが今回の目的。

特に「暗記法」で憶えたところは、

どちらかというと「短期記憶」に近いのか、

「知識として定着できている」感に乏しく、

その「暗記法」そのものがあいまいになっている

ことが解ってきます。

 

試験勉強だけで「知ってる」を詰め込むばかりでは

『知識』にならないのですね。

 

後にいろんな方面から積極的に情報を取り込んで

いって、その「知ってる」と結び付けることで

「ああ、そういうことか」となる。

 

そこで『知識』として定着できるのでしょうね。