読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

おすすめアロマ本 『いちばん詳しくてわかりやすい アロマテラピーの教科書』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アロマ関連書籍 ~図書館~

アロマテラピー、またはアロマ、香り、匂い、嗅覚などに

関連する書籍を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のおすすめはこちら。。

 

f:id:moccian:20160103121907j:plain

 

『いちばん詳しくてわかりやすい アロマテラピーの教科書』

 

和田文緒著 新星出版社


amazonの紹介を見る

楽天の紹介を見る

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年、アロマテラピー関連本を買い漁っている時

に見つけ、帯にある

 

「日本一売れているアロマテラピーの本」

 

という文言がどうしようもなく気になって
半ば釣られたように(笑)手に入れた本。

 

「アロマテラピーインストラクター(AEAJ)」

を目指すにあたり、副テキストとして熟読を決め、

読み始めましたが、タイトル通り確かにわかりやすい!

 

まるっきり『文系人間』なワタシ。

アロマテラピーの世界をとことんまで知るには

必須知識である『化学』。。

 

いずれいつかは越えなければならない「壁」。

わからないなりに何度もぶつかっていけば

いつかは打ち壊せる、越えられるもの、と

物量作戦というか、いろんな方向からたくさん

の資料を読み込んでいって「慣れてしまう」

という作戦を立てていました。

 

名付けて「好きこそモノの上手なれ」作戦。

 

しかし、このテキスト。

「難しいことをよくご存知のお偉い方」が書いた、

そういう印象とは全く対極的。

 

「『初心者が知らないこと』を知っている」

前提の「語り口調」で講義が進められていて

ワタシも初めてノートに構造式なんかを

書いてみたりして、「壁」の向こう側が

見えやすくなった気がします。

 

テキスト自体、コンパクトな大きさ、厚さ

ではありますが、中身は小さな文字がギッシリ。

読み込むにはかなり時間がかかりそう。

 

いったん通読し、事ある毎に引く字引の

ような使い方になりそうですが、

「アロマテラピーを知りたい」ならば

手元に置いておきたい一冊かも。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<目次>


はじめに

 

AROMATHERAPY for Everyone!

 

PART1 アロマテラピーの基礎知識

 LESSON1 アロマテラピー入門
 LESSON2 精油 Essential Oil
 LESSON3 アロマテラピーの実践

 

PART2 アロマテラピー セルフケア基本ガイド

 LESSON1 そろえておきたい材料と道具たち
 LESSON2 基本のアロマクラフト
 LESSON3 基本のトリートメント
    (アロママッサージ)

 

PART3 精油・キャリアオイルガイド

 LESSON1 精油ガイドの読み方
 LESSON2 キャリアオイルガイドの読み方

 

PART4 セルフケア 症状別ガイド

 からだと心編
 家族・生活編

 

日本のアロマテラピーの現状と展望

 

おわりに

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『いちばん詳しくてわかりやすい
 アロマテラピーの教科書』

和田文緒著 新星出版社


amazonの紹介を見る

楽天の紹介を見る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・