読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

おすすめアロマ本 『ぜんぶわかる 人体解剖図』

図書館~アロマ関連本~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アロマ関連書籍 ~図書館~

アロマテラピー、またはアロマ、香り、匂い、嗅覚などに
関連する書籍を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のおすすめはこちら。。

 

f:id:moccian:20160210223022j:plain

 

『ぜんぶわかる 人体解剖図』

坂井建雄・橋本尚詞著 成美堂出版

 

amazonの紹介をみる

楽天の紹介をみる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回はアロマ関連本、というよりも

資格試験関連本、になりますね。

 

AEAJ 日本アロマ環境協会が推奨する

参考図書のひとつ。特に資格取得を

目指すひとの参考に供するもの、

とされています。

 

アロマテラピーインストラクター、

セラピストの資格試験においては

「解剖生理学」もその範囲に置かれる

ので、より詳細な知識を得るために

「不可欠」の一冊。

 

実際、ワタシも市販の参考書だけで

なんとかなるもの、とタカをくくって

いたものの、甘いあまいっ!

 

解剖生理学なんて分野、

表層の文字情報だけ眺めていても、

理解できるものではありません。

それはどんな分野にも言えることでは

ありますが、わからない語句を調べても

調べた先の語句がまたよく分からない、

という堂々巡りの時間のもったいなさ。

 

まさに「百聞は一見に如かず」

図、画、絵、イラスト、グラフ、

様々な角度、見地からの説明に

「ああ、なるほど…」

 

インストラクター試験学習の開始から

これを備えておけば、「あいまいなまま」

の知識を不安定に定着させるような事に

ならなかったかもしれない。

 

f:id:moccian:20160210223109j:plain


例えばこのページ。

 

脳については、カンタンな略図の形で

このあたりが大脳辺縁系で、海馬と

偏桃体が、大体こんな感じで…と、

「ふわっとした知識」で「知っている」状態。

「脳神経のうち、三叉神経が一番大きい」

という「文字情報だけ」「知っている」状態。

 

そういったものが、詳細かつナマナマシイ画

で表現されていたら、イヤでも目に焼き付く…

 

インストラクター、またはセラピストを

目指す、と決められたアナタが全くの

「初心」からのチャレンジならば、

この『参考資料』は必ず手に入れておくべき!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<目次>

序章 人体解剖の歴史

1章 総論

2章 頭部・頸部

3章 胸部

4章 腹部・背部

5章 上肢・下肢


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ぜんぶわかる 人体解剖図』

坂井建雄・橋本尚詞著 成美堂出版

 

amazonの紹介をみる

楽天の紹介をみる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・