読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

中国語でアロマテラピー(用漢語芳香療法)4回目

中国語でアロマテラピー

この「中国語でアロマテラピー」はシリーズものです。

※なんでこんなこと始めてるの…みたいなことは

第1回目に書いていますので、そちらもご参照を…

 

第1回はこちら

第2回はこちら

第3回はこちら
 

では今回も引き続き、精油名の紹介を。

 


ローズ
玫瑰 mei2gui

能缓解忧郁,悲伤,嫉妒,自我厌恶和孤独感等,

给予肯定自我的勇气。

 

憂鬱、悲しい気持ち、嫉妬や自己嫌悪感などを

やわらげ、自信を取り戻し勇気を与える作用あり。

 

中国語の勉強やってる時は「バラ」のあの難しい

漢字、どんな風に簡体字化するのだろう…と思って

いたりもしたので、最初にこの文字を見たときに

全然バラっぽいイメージがなくて、憶えるのに

変な苦労をしたのを思い出しました。

(でも科名には薔薇科とあるんだよね・・)

 

この「参考書」では特にオットーとアブソリュートの

区別はされていませんが、抽出法に

 

蒸馏法,溶剂抽提法

 

と併記してあるので、総称して紹介されているようです。

 


ローズマリー
迷选香 mi2xuan3xiang

改善老化及精神疲劳异致的健忘及注意力欠缺。

并可提高记忆力和注意力,预防老年痴呆症。

 

老化や心の疲れからくる物忘れや注意力の欠乏を改善、

記憶力や注意力を高め、痴呆症の予防にも。

 

この命名の仕方もわかりにくい。でも

何となくロマンチックなイメージが湧いてきます。

 

何といっても

 

迷 ⇒ 惑わす、謎の、マニア、やみつき、陶酔…

 

…ですよ。

 

ワタシにとってはどちらかというと

「シャキッとする」香りに思えるローズマリーですが、

そういえば「若返りのクスリ」の逸話もありましたよね。

 


グレープフルーツ
葡萄柚 pu2tao2you4

能强化肠胃,肝胆的故能。也能刺激淋巴的系统,

促进血液循环,使身体恢复精神,并消解肌肉疼痛。

 

消化器官の増強、リンパを刺激し血液循環を良くする

作用あり。心身の回復、筋肉痛にも効果あり

 

グレープ…ぶどう、意味からの直訳。

解りやすい。

これからの季節、暑くなる時期にさらに大活躍

する精油。そろそろ買い足さなきゃ…

 

柑橘系精油によく使われる柚の文字。

中国語でいう「柚子 you4zi」はボンタンやザボン

のこと。

日本でいう「ゆず」は「香橙」と呼ぶらしい。

同じ漢字を使うのに違うものを指すこともある、

こういうところがややこしい。。

 

 

 

サンダルウッド

檀香 tan2xiang1

能去除心理杂念,镇定愤怒及兴奋的情绪,

使情绪暖和冷静。

 

雑念を排し、高ぶった精神を抑え、おだやか、

冷静さをとりもどす。

 

これは中日辞書にも掲載済みの言葉。

かなり以前から一般的な名詞、ということ。

 


クラリセージ

快乐鼠尾草

kuai4le4shu3wei4cao3

由于该精油有强烈的镇静作用,并具有催眠的效果,

所以开车前需斟酌使用。另外,此精油和酒精类

相互排斥,因此使用时要避免喝酒。

 

この精油は強い鎮静作用を持ち、眠気をさそう効果

があるため、車を運転する前の使用は避けるべき。
またアルコールとの相性もよくないので飲酒時には

使用を避けること。

 

これも少し頭を傾げてしまう命名の仕方。

なんで

『ハッピーなネズミのしっぽ草』なのだろう^^

 

発音かな?

 

「くゎいらー しゅううぇい」草

 ク  ラリ セー  ジ

 

まぁ、それは置いといて…

「アルコールとの相性の話」は初耳でした。


ティートリー
茶树 cha3shu4

茶树是澳大利亚境内自生的桃金娘科高木,

最先因澳大利亚原住民将其叶子泡制成茶

饮用而得名。由于具有如药品般的清洁香气,

且对皮肤刺激小,因此被广泛应用于抑制病菌。

 

オーストラリアに自生するフトモモ科の高木。

当初原住民がこの木の葉を茶にして飲用して

いたことからこの名がついた。

薬品のような清冽な香り、皮膚への刺激も

少ないことから、抗菌目的で広く使用される。

 

茶の樹、まさに直訳。

一番憶えやすいですよね。

 

ではまた次回…

 

f:id:moccian:20160314220824j:plain