読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

復習!インストラクター9 基材論

夏至。

 

朝の時間がやたら早い(笑)

すごくラッキーですよ。

 

冬の寒い、いつまで経っても暗いままの朝より

この時期の「間違いなく朝日で起きる」ことが

できる状況を有意義に使わないと損!

 

朝の時間は、睡眠をとってリフレッシュされた

脳を使うのに一番有効な時間。

 

さ、始めましょう。

 

△前回の復習△

 

次に挙げる成分は何に分類されるか。


オイゲノール

カンファー

ベルガプテン

リモネン

ゲラニオール

1.8シネオール

酢酸リナリル

シトラール

 


-------------------
答え:

オイゲノール -フェノール類

カンファー
(ボルネオン)-ケトン類

ベルガプテン -ラクトン類

リモネン   -モノテルペン類

ゲラニオール -アルコール類

1.8シネオール -オキサイド類

酢酸リナリル -エステル類

シトラール  -アルデヒド類


こうやって復習する度に、

この表が載っているページを何度も

目に焼き付けて行きましょうね。

 

 

 


▼本日の学習▼

 

P30-34 基材論

 

憶える「名称」が本当に多い試験ですよね。

 

.でもこのテキストの暗記法はかなり強力です。

 

P32の画は表紙にもなっている

超インパクト大の画。象徴してますよね。

 

実際この画と、あとで出てくる脳神経の

『嗅いで見る、動く滑車の…』

はワタシにとって今でも

忘れようにも忘れられないほどのインパクト。

 

左脳を使って理論的に憶えるよりも

右脳の「イメージ」で憶える、というのは

実際効果的。

こういった画や表は貪欲に取り入れて

行きましょう。

 

 

それぞれの「必須攻略項目」は以下の通り。

 

・月見草 …ガンマ-リノレン酸
    (三価・最も酸化しやすい)

 

・グレープシード

・小麦胚芽

・セサミ
     …以上3つがリノール酸(二価)
      を多く含む(酸化しやすい)

 

※「価」の値が多い
   ⇒二重結合が多い
   ⇒ほぐれやすい(酸素と結びつきやすい)
   ⇒酸化しやすい

 

・スイートアーモンド
     …一価のオレイン酸が多くなる
    (リノール酸とオレイン酸含有量逆転)

 

・アボカド(ワニナシ)
     …果「肉」から圧搾

 

・オリーブ
     …果「実」から圧搾

 

・椿(カメリア)


・マカデミアナッツ
     …『マカデミアナッツと言えば
       パルミトレイン酸』と憶える。
      (皮脂とよく似た成分)

 

↑ 不飽和脂肪酸
----------------

↓ 飽和脂肪酸

 

・ココナッツ … 植物『脂』

・ホホバ   … 植物『ロウ』

・植物スクワラン … 『飽和炭化水素』

           (油脂ではない)

  スクワラン = オリーブ油を蒸留 →『スクワレン』

    水素を添加することでスクワランになる ↑

 

f:id:moccian:20160622215523j:plain