読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

アロマテラピーが果たす役割の重要性

f:id:moccian:20160727205542j:plain


----引用----

「あんなに穏やかな妻の顔が見られるなんて、

本当にありがとうございました」

 

痛みや不安でつらそうにされていたがん末期の

30代の女性。でもトリートメントを行うと、

表情が和らいでご家族とも落ち着いて話されて

いました。そのため、「最期も穏やかに過ごさ

せたい」とのご家族の願いから、意識がなくな

られたときもトリートメントを実施。

その数時間後に息を引き取られたのですが、

ご家族からは何度も感謝の言葉を頂き、

アロマテラピーの意義深さを考えさせられました。

(兵庫県・アロマテラピスト)

 

(AEAJ機関紙「AEAJ」2016夏号 36頁)

-----------


日本アロマ環境協会(AEAJ)の会報の最新号を

読んでいます。

 

上記はアロマテラピーが導入された医療機関等

での現場の声、アロマテラピーを導入して

よかったと感じた瞬間とタイトルされた記事の一部。

 

この記事に続き、隣の頁には

「医療・介護現場におけるアロマテラピ-研究」

と題された非常に貴重な研究結果報告、

資料が掲載されています。

f:id:moccian:20160727205656j:plain


----引用----

老人保険施設入所者における

『アロマセラピー・マッサージ』の睡眠および

サーダディアンリズム障害の改善効果

-パイロット研究

 

(試験方法)

睡眠障害がある高齢者8名を対象に、週2回、

就寝前にラベンダー、ゼラニウム、カモミール

ローマン精油をホホバオイルで希釈したオイル

で、上半身や太ももなどを約30分マッサージ。

アクティグラフを用いて、施術なし、施術あり

施術なし、と1週間ごと、計3週間の睡眠障害
およびサーカディアンリズムを比較検討した。

 

(結果)

就寝時の睡眠率および睡眠効果は、第1週および

第3週に比べて『アロマセラピー・マッサージ』

を行った第2週で有意に増加。高齢者における

睡眠障害およびサーカディアンリズム障害の改善

が示唆された。
(出典:今西二郎、渡邉映理、渡邊聡子他、

日本補完代理医療学会誌7、(2),87-93,2010)

 

(AEAJ機関紙「AEAJ」2016夏号 37頁)

-----------

 

さすが専門誌。

こういった興味深く、濃いめの内容の記事で

毎号が本当に楽しみな会報『AEAJ』。

 

これってAEAJ会員にだけ配布されているんですね。

 

アロマテラピーに従事している、あるいは

もともと興味がある「会員」だからこそ、

深く知るべきということで、情報盛りだくさんで

編集されているようですが、

なんとももったいない気がしてなりません。

 

こういう分かりやすく、身近な話題、情報を

きっかけにもっと、

まだアロマの世界を知らずに居る一般の人に

『アロマテラピーの今』を知って欲しいもの。

 

AEAJのホームページにも、こう言った情報は

確かに掲載されてはいる。

http://www.aromakankyo.or.jp/

 

ところが、相当の興味を寄せている私から

しても、読みにくいというか、

この会報にあるような記事になかなか

たどり着けない。。

 

例えばこの学術研究報告にしても、本当に

「学術研究」として論文の形だったりで

はっきり言ってとっつきにくかったりする。

(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを知る | アロマの研究・調査


表に出ているのは

どちらかと言うと『検定』『資格試験』のことや

行かなければ内容がわからない『セミナー』の

案内情報が中心になってしまっている。

 

「少しでも興味を持たれたのなら、

 こんなお知らせがあるのでどうぞ」

 

そんな感じ、ですよね。

 

そもそも全く別の切り口から、

例えばアロマとは別のキーワードから入って来た

ヒトでも、思わず『奥の間』に踏み込んでしまい

そうな、入り口。

 

「あれ、なんでアロマテラピー?でも面白そう…」

 

そんな風になればいいのに、と、

めちゃ勝手ながら思っていたりします。

 

冒頭に書いたようなコンテンツはあるのだから、

この形でもっと発信すべきなんじゃないのかな。

 

TwitterやFacebookでも、『香育の日』とか、

会員だけ知っているような情報ばかりを前に

出すんじゃなくて、もっと代替医療だとか

認知症だとか、身近で切羽詰まるようなワードから

入って来てもらって、その奥の方で『香育』だとか

周辺を紹介すれば良いのでは…と。

めちゃ勝手ながら思っていたりします^^。

 

我々会員一人ひとりがその一翼をになうべき、

なのでしょうね。

 

よし、この場所でも、どんどん紹介できるようにしよう。

 

とにかく…

今読んでいるこの「AEAJ会報」が非常に有用な情報

に満ちている、ということが言いたかったのです。

なんか違う方向へ話が向いてしまいました。

 

f:id:moccian:20160727210426j:plain