読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

コスプレがあるなら、香りのコスプレがあっても

アイデア~こんなのいいな~ 雑記 今日のニュースから

ハロウィンが動き始めましたね。

f:id:moccian:20160909224953j:plain


昨今、バレンタイン商戦よりもにぎやか、

クリスマス並みに前倒して長い期間を

お祭り気分を楽しむ傾向にある

ということで

ディズニーもUSJも百貨店も

近所の商店街までハロウィーン!

 

ハロウィンといえば、

あのおばけモチーフなかぼちゃ。

「トリックオアトリート」でたくさんのお菓子。

あとは・・・コスプレですかね。

 

ここ数年ですよね。渋谷がスゴイことなるの。

 

大阪ではまだなんですよね。

でも必ずどこかで同じようなブームになる。

やっぱりミナミ、心斎橋とかあの辺りかな・・・

 

ところで、コスプレってあれはやっぱり

『変身』なんですよね。

 

今日の私はワタシじゃない。

 

周りにアピールすることで、

自分自身も異世界へトリップした気分になる。

 

要は、「ワタシ」というリミットを外して

お祭り気分を満喫する、という感じ。

 

「見た目」を変えるだけで、

たとえそれが奇異なものでも、こんなに楽しい。

 

ならば「香り」を変えたら?

 

チョコのコスプレで強烈に甘い香り、だとか

とにかく「奇異」な香り、あるいはニオイでも

この日、この時期だけだけ「許される香り」

があるとすれば、どうだろう。

 

密集地では迷惑がかかるというなら

今TVCMでも盛んに使われている

「半径30cm」だけに調整したブレンド。

ハグした相手だけにわかる香り、だとか。

 

そんな風に考えていたら、

例えば、

「あこがれのあのヒトと同じ香りを纏う」

のような、

芸能界に限らず著名人の使っている

フレグランスとかの情報、

ネット社会なので、取りに行けばどこかに

落ちていそうだけど、

やはりそこにも版権がからんでくる可能性も

あるのか、そういった商品を見たことがない。

 

でも、それも一種の「香りのコスプレ」。

 

香りでその人になりきる、って面白いかも。