読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

今日の話題から ~能登ヒバでアロマ~男子アロマーの活躍

今日のニュースから

今日の話題から ~能登ヒバでアロマ

シリーズ「美しき森へ 能登ヒバでアロマ〜」 | NNNニュース

 

----- 一部引用 -----

アテに多く含まれるヒノキチオール。

消臭力や抗菌力があると言われているが、

このヒノキチオールに目をつけ、

アロマスプレーを開発した1人の男性をご紹介する。

開発したのは、石川県出身のこちらの男性。

井真太郎さん。

全国でも数少ない男性アロマセラピストの1人だ。

---------------------

 

『全国でも数少ない男性アロマセラピストの一人』

 

いい響きですね…

こういう「先輩」がいると本当心強い。

 

「アロマテラピー」という手段(技)を駆使して

様々なアイデアでいろんな目的で活用していく。

 

しかもこの方、地元故郷に貢献する形で活躍

されているところがポイント高い。

 

石川県出身、東京でアロマサロンを構えて4年、

地元に何か恩返しができないか、と考え、

能登ヒバから精油を抽出する方法を思いつく。

少量しかとれないヒノキチオールを化粧品会社と

協力してハンドクリームやUVケア商品の開発に

臨むという。

 

精油を自らの手で作っていく、という発想が

素晴らしい。

 

近年、地元では当たり前のように

豊富に存在するもの、これまで廃棄されて

いたものが、その発想によって突如宝物に

変わり、地元を潤し、全国で役に立つような

ものになっていくといった事例をよく聞くが

これもその一例と言えよう。

 

やはり「男子アロマー」、この形が一番

しっくりくるというか、

 

スゴくカッコよく見えますね。

いや、「見える」じゃなく実際かっこいい!

 

情報力と発想力、もっと磨かなきゃ。。