読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

インストラクター合格。その後の自分。

JUMP~アロマテラピーインストラクター・セラピストへ HOP~アロマテラピー検定1級に挑戦 STEP~アロマテラピーアドバイザーになる ガンバレ受験生

おかげさまで合格できました

おかげさまで、今回のインストラクター試験に

合格することができました。

これから認定手続きを経て、晴れて

 

(公社)日本アロマ環境協会認定

アロマテラピーインストラクター

 

を名乗り、活動することができます。

 

f:id:moccian:20160417102229j:plain

※一級合格、アドバイザーの認定証の時と

違って、薄ーい封筒で届きます。

「あ、ダメだった…」と一瞬勘違いしました。

 

 


合格のその後を考える

今の自分の強みはズバリ『駆け出し』であること。

経験の積み重ねが多ければ、厚ければ厚いほど

その分「プロ」としての大きな強みになっていく。

 

しかしながら本業として長年経過し、

プロだから「当然」のこととして見慣れてしまうこと、

または既に「習慣」になってしまって、

見えなくなること、見過ごしてしまうことが

どうしても出てくる。

これはワタシがこれまで、2つの全く違う業界に

それぞれ10年以上在籍して、分かった真理。

 

ワタシは新しいヒトが入って来たら、

必ずお願いすることがあります。

 

「駆け出し」「初心者」であるアナタから見て

今これから覚える仕事のおかしいと思うところ

違和感を教えてほしい。

 

かけだし、初心の内はいわゆる世間、一般人の

考え方にまだ限りなく近い「プロの端くれ」。

 

この時期に感じた事、修正すべき点や

これは明らかにおかしいと思ったこと、

 

これはその今存在する「場所」にとって

とてもとても大きな宝物。

 

改善するも変革するも、

新しい発想をするにも、

すごく大切な「種」となり得る。

 

今、自分自身がまさにこの立ち位置に居る、

そしてワタシ自身がそれを認識している。

 

これはとても大きい。

 

しかもこのアロマテラピーという

女性世界において、自分の場合は男性視点と

して見ることができる。

 

突拍子もないこと、的外れなことを言ったり

書いたり、それでも何かのヒントになることが

意図して隠すわけでなく出てしまう。

 

これを書残し続けることが、

未来の「面白いこと」につながるかも知れない。

 

セオリーは大切。

しかしそこに当てはめる考えだけでは

新しい発想がどんどんできなくなってしまう。

 

変えることのできない、変わることのない本質

を軸にどれだけ楽しくて有用なものを生み出せるか、

発想し続けることができるようになるか。

 

今しかできない、というよりも

これからもし続けることが大切。

 

『初心、忘るべからず』

 


アロマノトビラ

ここの「アロマノトビラ」というタイトルも思えば、

 

 「初心者」の見る、

  アロマテラピーの世界の最初のトビラ

 

として書き綴り始めたもの。しかし、

 

 「経験者」が振り返る

  初心のココロであるトビラ

 

としても意味するのだと気付きました。

 


マスター

合格がハッキリするまで、「もしも」の時に

ご迷惑おかけするのがイヤでお名前を出して

来ませんでいたが、やっとご紹介できます。

 

ワタシのマスター(師匠)です。

 

f:id:moccian:20160417102627j:plain

 

アロマ心理学のル・クール

http://www.lecoeur.jp/

中野智美先生のブログ

http://ameblo.jp/aroma-sugar

 

ここでも幾度となく書いてきましたが、

AEAJのインストラクター資格取得には

認定スクールでの受講が必須。

 

全くの独学だけではできないようになっています。

http://moccian.hatenablog.jp/entry/2016/01/26/225451

当然ですね。

勉強だけの頭デッカチでは「伝えるヒト」

にはなり得ない、というポリシーです。

 

ワタシが教えを乞うことになったスクール

http://moccian.hatenablog.jp/entry/2016/02/14/004020

 

カリキュラム終了後もフェイスブックグループを

オープン、学習のフォローアップや

生徒間での情報交換などもできるように工夫したり、

この出逢いは本当にワタシにとって貴重なもの。

 

合格の報告も通知が届き、開封後5分しないうちに

メッセンジャーでまず一報させて頂きました。

 

 本当にお世話になりました。

 おかげさまで合格できました。

 今後ともよろしくお願いします、マスター。


「マスター」というのは、あのスターウォーズの

マスターのことで、エピソード7を観に行かれた

という先生の話を聞き、これは観ておかねば、と

ブルーレイ1~6巻をレンタル、すべて予習復習

の後、映画館で「7」を観に行ったら、その次の

授業がこの話で盛り上がってしまい、その日から

先生のことを「マスター」(師匠)と呼ぶように。


今回の合格も先生から授かった

「フォース」のおかげなのかも知れません。

 


検定1級からインストラクターまで

f:id:moccian:20160417103224j:plain

 

アロマテラピーに関して全くの初心者から、

検定1級からインストラクターまでの資格を

AEAJのスケジュールで設定されている最短期間で

(2015年11月~2016年4月の半年間)

取得することができました。

この経験もまた、ここ「トビラ」で綴って行き、

続くヒトたちの参考となれるようにもしていきたい。

 

 

セラピスト資格については、

↓このこともある為、

 

moccian.hatenablog.jp

 

少し見合わせていくことにして、

新たに始まる「ハンドセラピスト」の資格取得が

可能になれば、こちらを検討してみたいと

思っています。

 

 

改めて、

アロマテラピーの諸先輩方。。

この新参者をどうぞよろしくご指導お願いいたします。