読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマノトビラ

~カオリノチカラ~ オトコのアロマ

復習!インストラクター2テキスト到着

復習!インストラクター ガンバレ受験生

さて、リアルタイムで進行する

『復習!インストラクター』。

注文していたテキストが手元に届きました。

f:id:moccian:20160611223048j:plain

 

※このシリーズは写真のテキストを

中心にして話を進めていきます。

お手元に同じテキストをご準備の上

読み進めて頂けると一層解りやすく

お楽しみ頂けると思います。

 

まずは

中身、全体を確認しましょう。

 

まぁ、ワタシとしては既に一度通してやった

ことのあるテキストではあるので、ある程度

『知っている』ワケなのですが、

そこはあえて「初めて出会ったあのころ」と

同じ感覚で…

 

■ 全体を眺める(パラパラとやる)

■ サインをする

■ 表紙を裏返す

 

■ 全体を眺める(パラパラとやる)


どんな内容で、そういう風に進められていく

のか、試験日当日までずっとつきあっていく

『独学のパートナー』なので、

どんなヤツなのか、大まかにでも把握します。

ニンゲンの教師なら、授業が進むうち、

だんだん「打ち解けどころ」が解ってくる、

それまで若干の駆け引きのようなものがあって

そこがまた楽しいですが、独学のパートナー

である「テキスト」は最初から「手の内」を

すべてこちらで文字通り読み解くことができる。

 

その時点で全く相性があわない!と気付ける

場合もあります。本であっても。

その時はまた書店で探せばいいでしょう。

少し手ごわい、という程度ならそれは

「当たり」の可能性が大きい。

 

今回のこのテキスト、ワタシには最初から

「大当たり」でした。

 

 

■ サインをする

学校に入学式があるように、

教室に入って来られた先生に対する

挨拶があるように、

ワタシはこういった類(たぐい)のテキスト

にも一定の敬意を払い「儀式」を行います。

f:id:moccian:20160611223508j:plain

 

こんな風に

『言葉』を添え、

使用を開始した日付を入れ、

これはワタシのだ、とばかりにサインをします。

 

『言葉』は目標であったり、決意であったり、

このテキストを開く度に目にし、認識すべき

ひとことを決めます。

前回は「一歩」。2016年の年間目標の言葉。

今回、このテキストには

「更上一層桜」

と添えました。中国語で「さらにもう一歩」です。

 

 

■ 表紙を裏返す


最後にカバーになっている表紙を裏返し、
白い面をオモテにして付け直します。

f:id:moccian:20160611223629j:plain

 

汚れ防止、もありますが、

あまり『勉強してる!』という風に見られるのが

少しイヤというか…自意識過剰、分かってるけど

もう、これは気分の問題なので。

 

では、次の段階へ。